ここから本文です

【NBA】ピストンズA.ドラモンドが鼻手術

5/7(日) 14:25配信

ISM

 リーグ屈指のリバウンダーに成長したデトロイト・ピストンズのセンター、アンドレ・ドラモンドが最近、大学時代から放置していた鼻中隔湾曲を矯正する鼻の手術を受けていたことが分かった。

 米サイト『スポーティング・ニュース』が伝えたもので、ドラモンドは、1年間だけプレーしたコネチカット大での2011-12シーズンに鼻を負傷。NBA入りしてからも鼻のケガを繰り返し、この4年間は右の鼻孔だけで息をしながらプレーをしていたという。

 ドラモンドによると、手術が今まで後回しになっていたのは、昨シーズンはプレーオフ、その前のシーズンはオフに米国代表としてプレーするなど、6週間のまとまった休みを確保できなかったためだという。

 2015-16シーズンにオールスター初選出を果たしたドラモンドだが、今季は期待された活躍ができず、トレードの放出候補としても名前が浮上。ドラモンドは、今季は最も呼吸がつらかったシーズンだと語っており、両方の鼻腔が通るようになった今後は、再びオールスター級の活躍が期待できるかもしれないと同サイトは伝えている。

最終更新:5/7(日) 14:25
ISM

Yahoo!ニュースからのお知らせ