ここから本文です

満願成就、だるま供養 多治見市の藏春寺

岐阜新聞Web 5/7(日) 8:03配信

 岐阜県多治見市山吹町の雲龍山藏春寺で、第22回だるま祭が開かれ、商売繁盛や合格祈願などの役割を果たした大小のだるま約350個が供養された。
 同寺は虎渓山永保寺(同市虎渓山町)の別院として建立。達磨(だるま)大師を祭り、手足のある「起き立ちだるま」が安置されていることから、だるま寺として知られる。
 だるまの供養では、臨済宗南禅寺派管長の中村文峰老大師ら僧侶が読経した後、市内外から寄せられた役目を終えただるまに火が付けられた。見守っていた参拝者は静かに手を合わせていた。
 餅まきやフリーマーケット、祈祷(きとう)法要なども行われた。

岐阜新聞社

最終更新:5/7(日) 8:51

岐阜新聞Web