ここから本文です

本田圭佑13日に今季初先発へ 野上も炎上し西武大敗、チーム防御率8点台に悪化 投壊ローテ再編へ

西日本スポーツ 5/7(日) 6:39配信

 悔しさを通り越して、半ばあきれ顔だった。「野球をしていて20本を打たれたことがあまりない。よう打たれた」。1日で借金生活に戻り、苦笑いを浮かべたのは辻監督だ。今季ワーストの20安打を浴びて10失点で大敗。3、4月のチーム防御率2・46はリーグトップだったが、5月は一気に8・57まで急降下した。

【写真】星野源に激似、恋ダンスのポーズをする西武・藤田

 初回に5失点で炎上した野上が3回で降板。2番手以降の中継ぎ陣も流れを止められなかった。試合後、首脳陣は先発ローテーションの再編に着手。野上が16日のロッテ戦に回り、13日のオリックス戦先発には今季初めて本田を抜てきする。

 本田はこの日、イースタン・日本ハム戦に先発し6回5失点ながら、春季キャンプでも1軍に招集した期待の2年目右腕にチャンスを与える。中継ぎ陣も一部テコ入れし、福倉に代わってドラフト6位右腕のルーキー田村を昇格させる方針だ。

 打線もわずか5安打と淡泊な攻撃に終始し試合後は栗山らが特打に取り組んだ。7日は楽天にFA移籍した岸と初対戦。借金返済に向け、昨季までのエースに襲い掛かる。

=2017/05/07付 西日本スポーツ=

西日本スポーツ

最終更新:5/7(日) 7:08

西日本スポーツ