ここから本文です

【バレー】女子決勝はデンソーと日立 岡山フルセットで敗れる

バレーボールマガジン 5/7(日) 8:00配信

 第66回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会の準決勝が6日に行われ、デンソーが東レに、日立が岡山に勝利し、決勝へ駒を進めた。岡山はリーグ3位の日立に対してフルセットの接戦を展開したが、惜しくも決勝進出はならなかった。

 岡山は来季、チャレンジリーグに初めて降格する。リオ五輪代表のセッター宮下遥は「応援してくださる方に少しでも成長の可能性を感じてもらえるように」と、新人の渡辺真恵や3年目の金田修佳ら若手にトスを集めた。
 山口舞キャプテンは「足らない部分は、一人一人の自覚と責任ですね」と課題を挙げた。

最終更新:5/7(日) 8:00

バレーボールマガジン