ここから本文です

予選勝者バートルが逆転勝利でツアー通算4勝目 [プラハ/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5/7(日) 9:00配信

 チェコ・プラハで開催された「プラハ・オープン」(WTAインターナショナル/5月1~6日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス決勝で、予選勝者のモナ・バートル(ドイツ)がクリスティーナ・プリスコバ(チェコ)を2-6 7-5 6-2の逆転で下し、優勝を飾った。

土居美咲は1回戦で世界11位のウォズニアッキに敗退 [プラハ・オープン]

 第1セットの第1ゲームでバートルはダブルフォールトを2本連続でおかし、プリスコバにサービスブレークを許した。このセットでプリスコバはさらにバートルのサービスを2度ブレークし、第1セットを6-2で奪って先行した。

 第2セットでバートルは、ゲームカウント3-3からのサービスゲームをプリスコバにブレークされて3-4とリードを許したが、続く第8ゲームでブレークバックに成功。バートルは5-4リードの第10ゲームで1度セットポイントを握ったが、プリスコバにしのがれ5-5となった。バートルはふたたび6-5とリードした第12ゲームで2回目のセットポイントをものにし、このセットを7-5で奪って最終セットに持ち込んだ。

 第2セットの競り合いを制したバートルは第3セットの4-2とリードした場面でプリスコバのサービスゲームをブレークし、そのまま6-2で押しきって試合を決めた。この結果でバートルは、世界ランク58位(5月1日付)のプリスコバとの対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。

 バートルはシングルスでキャリア通算4度目のWTAツアー・タイトルを獲得。26歳のバートルは2014年7月のバスタッド(WTAインターナショナル/クレーコート)の大会を制して以降、優勝から遠ざかっていた。

「優勝するなんて何か信じられない。もう本当にくたくたよ」とバートルは試合後に言った。82位のバートルは今大会の予選2回戦で、3度のマッチポイントをしのいで勝利をおさめていた。

 ツアー2度目のタイトル獲得を逃したプリスコバは、「勝つことができなくて残念だわ」と試合後にコメントした。(C)AP(テニスマガジン)

Photo:MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 20: Mona Barthel of Germany celebrates winning her third round match against Ashleigh Barty of Australia on day five of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 20, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

最終更新:5/7(日) 9:00

THE TENNIS DAILY