ここから本文です

不調同士の一戦で勝利し復活のキッカケに! ジェノア戦で何としても白星が欲しいインテル指揮官

5/7(日) 8:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

インテル、逆転でUEL出場権獲得なるか

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは7日、セリエA第35節でジェノアとアウェイで対戦する。試合に先立って、インテルの指揮官を務めるステファノ・ピオリ監督が記者会見に出席した。

好調から一転して、現在6試合連続で白星から遠ざかっているインテル。逆転で来季のヨーロッパリーグ(UEL)出場権を獲得するためにも、絶対に負けられない一戦だ。そんな中、ピオリ監督はインタビューで「我々は身につけているユニフォームに誇りを持ってプレイしなければならない。そして、最高のモチベショーンで挑む必要がある」とコメント。クラブの公式サイトなどが伝えている。

さらに「明日の試合が、勝利街道へ戻るきっかけとなることを願っている。我々は万全の準備をしているからね。目の前の試合だけに集中したい。明日の対戦相手もここ最近不調だ。だから、彼らもその状況を打破しようと覚悟して試合に臨むはず。ジェノアの本拠地だし、タフな試合になるんじゃないかな。ただ、今季の経験がクラブに明るい未来をもたらしてくれるはずだよ」と述べた。

現在7試合連続で勝てていないジェノアと相見えるインテルは、不調同士の一戦に勝利することで調子を取り戻すことができるのだろうか。そして、残りの試合で少しでも多くの勝ち点を積み上げることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/