ここから本文です

UCLはラッシュフォード次第!? 期待懸かる19歳を同僚が絶賛

5/7(日) 9:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

昨シーズンはアーセナル相手に2ゴール

マンチェスター・ユナイテッドは4日に行なわれた、UEFAヨーロッパリーグ準決勝1stレグでセルタ相手にアウェイで勝利を収めた。試合を決める直接FKを蹴ったのはマーカス・ラッシュフォードだ。

ラッシュフォードは昨シーズンに突如デビューすると、その才能を遺憾なく発揮しゴールを量産した。まだ19歳の同選手は今シーズンもこれまで、貴重なゴールを決めている。そんなラッシュフォードをチームメイトのジェシー・リンガードが賞賛した。同選手のコメントを英『EXPRESS』が伝えている。

「彼はプレッシャーをコントロールできる。ユナイテッドで貴重なゴールを決め、ビーゴでとても重要なゴールを記録した。まだまだこれからも成長していくよ。すでに十分なフィジカルがあるが、それ以上ね。ゲームを読む力、知識も続けて成長していくだろう。それに彼は学び続けている」

過密日程の影響もあり怪我人が続出しているユナイテッドは、残りの試合で若手の活躍が重要となってくる。次節アーセナル戦を控えるユナイテッドは、トップ4入りを目指すために勝利が絶対条件だ。ラッシュフォードは、昨シーズンのアーセナル戦では2ゴールの大暴れをしていた。相性の良いアーセナル相手にゴールを決め、チームを勝利に導けるだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報