ここから本文です

“マイ新茶”の味堪能 親子連れら茶摘み体験 千葉市緑区

千葉日報オンライン 5/7(日) 11:03配信

 千葉市緑区の製茶メーカー「マルハチ」(秋庭重樹社長)は6日、同区誉田町の茶畑で茶摘み体験会を開いた。参加した親子連れや友人グループらは自ら摘んだ新芽で“マイ新茶”作りに挑戦。新芽の天ぷらも試食するなど、お茶の魅力を存分に楽しんだ。

 体験会は今回で3回目。参加者らは同社員の指導を受けながら、緑に輝く新芽を1枚ずつ丁寧に摘み取った。ホットプレートで新芽をいった後、両手でもみ込んで新茶の出来上がり。揚げたての新芽の天ぷらとともに、オリジナルの茶葉でいれたお茶を堪能した。

 友人3人と参加した同市中央区のパート、斎藤幸恵さん(40)は「茶摘みは楽しかった。新芽の天ぷらもおいしい。おつまみに最高」と満足そうな笑顔。ウーロン茶葉作りも体験し、「力のいる大変な作業だった。これからはもっと味わって飲みたい」と話した。

 秋庭社長は「体験会を通して千葉でも茶摘みができることをアピールしたい。千葉県産のお茶にもっと親しんでほしい」と期待した。

最終更新:5/7(日) 11:03

千葉日報オンライン