ここから本文です

近年のSF作品の傾向から予想する絶望的な未来な姿5選

5/7(日) 20:10配信

ギズモード・ジャパン

明日は我が身かもしれませんよ?

核戦争やゾンビ感染、地球外生命体の襲来などなど。今のところテレビや映画、そして書籍やゲームの中だけで起こっているディストピアSF。もしもそうした空想科学が我々の身に降りかかったらどうなるのでしょうか?

io9が、近年のSF作品の傾向から予想する考察を読んでみましょう。

襲来するエイリアン

現実世界でもチョイチョイ目撃されていますが、UFOもSFではメジャーな題材です。近年は、エイリアンが建造したのかもしれないというタビーズ・スターや、強い信号を送っている惑星の存在、そして100年以内に地球と似た星が見つかるかもしれないという研究などから、地球外生命体が存在する可能性が色濃くなりつつあります。

映画『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』のローランド・エメリッヒ監督が提言するように、もしもエイリアンたちが地上にやって来たら、彼らは決して友好的ではなく、我々が10年以上かけて迎撃の準備をしても軍事力ではとうてい敵わないだろうと考えられます。

『10 クローバーフィールド・レーン』や『フィフス・ウェイブ』などこの類の映画は多いですし、ドラマ『Colony』ではエイリアン勢に統治されたロサンゼルスが舞台となっており、そこはあまり幸せな世界とは言えないようです。

5月19日に公開予定の映画『メッセージ』は『インディペンデンス・デイ』とは反対に、より少ない爆発シーンと思いやりの心が描かれる作品とのこと。人類が望むエイリアンはこっちのタイプですよね。『宇宙人ポール』みたいなのが出てきたら歓迎したいのですが。

犠牲になる子供たち

たとえば映画『ハンガー・ゲーム』のように胡散臭くて真っ黒な政府機関もまた、ディストピアSF作品ではよく描かれます。政府の陰謀論も想像に火を着ける格好の材料ですが、そんな世界で犠牲になるも強く成長するのが子供たち。

最近で最も顕著な例がドラマ『ストレンジャー・シングス』のイレブンでしょう。彼女はテレキネシスを使ったスパイ行為などを強要された挙句、裏側の世界と現世を繋げ、向こう側の怪物デモゴルゴンをこの世に往来させるきっかけを作ってしまいました。

他にも、映画『ミッドナイト・スペシャル』では少年が政府とカルト宗教の両方から追われ、『レッツ・ビー・イーヴル』ではVRの世界にドップリ漬からされた子供らが怪物となります。ゾンビ映画『パンドラの少女』は終末世界を生き延びるために、ゾンビ少女が必要不可欠な存在となります。

1/2ページ