ここから本文です

世界に一つだけのカーネーション 母の日前にカラフルに着色

5/7(日) 11:33配信

佐賀新聞

 アーティフィシャルフラワーと呼ばれる造花に色を付けるワークショップが3日、嬉野市の志田陶磁器「志田の蔵」であった。参加した親子12組が、14日の母の日に向けてカーネーションをカラフルに染め上げた。

 子どもたちは赤や黄色、オレンジのほか、青や紫、水色などの絵の具を使い、世界にただ一つのカーネーションを作った。中には白い部分を残してまだら模様にしたり、カーネーションの細かい花びらを1枚ずつ丁寧に塗っていく子どもも。

 同市内でアーティフィシャルフラワーのオンラインショップを開いている田中沙也香さん(30)らが、親子でゆっくりできる体験の場を設けようと開いた。榮岩千紗ちゃん(4)は「ばあばがお花好きだからあげたい。楽しかった」と笑みをこぼした。

最終更新:5/7(日) 12:43
佐賀新聞