ここから本文です

「株主優待」&「高配当」ダブルでお得な東証一部上場企業3社(2017年度版)

5/7(日) 10:00配信

マネーの達人

食品や商品券など、さまざまな優待をもらえるのは、株式投資の魅力のひとつ。特に食品系や外食系の企業は人気があり、雑誌やネットでよく紹介されています。

今回は優待もあり、配当利回りも高い、東証1部上場企業に絞ってご紹介致します。

KDDI(9433)

おいしそうなグルメギフトが魅力のKDDI。

■優待内容

「au WALLET Market 商品カタログギフト」
100~999株 : 3000円相当(5年未満) 5000円相当(5年以上)
1000株以上: 5000円相当(5年未満) 1万円相当(5年以上)

auで知名度の高いKDDIは、2017年より株主優待の対象を広げ、100株から優待がもらえるようになりました。

2016年度まで15年連続で増配を予定しており、今後も増配する方針を掲げています。

カタログでは、都道府県ごとにピックアップされたグルメを選べます。

エディオン(2730)

エディオンの優待券はネットショップでも使えます。

■優待内容

買い物金額2,000円(税込)ごとに1枚使える優待券

100~499株: 500円券×6枚    (3000円分)
500~999株: 500円券×20枚    (1万円分)
1000~1999株: 500円券×30枚 (1万5000円分)
2000~4999株: 500円券×40枚 (2万円分)
5000~9999株: 500円券×50枚 (2万5000円分)
1万株以上: 500円券×100枚    (5万円分)

中部・関西地方が地盤の家電量販店ですが、ネットショップでも利用できる優待券を発行しており、近くにお店がなくても使えます。

配当については、ほぼ毎年20円~22円で安定して推移しています。

すかいらーく(3197)

優待と配当を合わせた利回りが6%を越えるすかいらーく。

■優待内容(年間合計)

食事券(各種割引券との併用可)

100~299株 : 6000円
300~499株 : 2万円
500~999株 : 3万3000円
1000株以上: 6万9000円

ガストやバーミヤンなど全国にお店を展開するすかいらーくは、自社レストランで使える優待券がもらえます。

配当と優待を合わせると100株で6%の利回りとなり、大変お得です。

年に2回優待がもらえるチャンスがあります。

まとめ

どの銘柄も住んでいる地域をあまり問わない優待ですので、優待と配当の両方を狙い方はぜひチェックしてみてください。

※配当金・配当利回りは、会社発表の予想あるいは実績数字をもとに計算しています。

※株価の変動によって利回りは変わります。(執筆者:高橋 珠実)

最終更新:5/7(日) 10:00
マネーの達人