ここから本文です

ももクロ × 竹井仁「筋膜リリースで、”コリ” ”だるさ”を解消!」

TOKYO FM+ 5/7(日) 17:00配信

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。
2017年5月7日(日)の放送では、「今すぐできるご家庭ストレッチ学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。
先生は、首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科教授の竹井仁さん。
著書「自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド」を出版されている竹井さんに、ゴールデンウィークで疲れた体に、家庭でできる、”コリ” ”だるさ”解消の「筋膜リリース」について教えていただきました。

──”筋膜リリースとは?”


ももか:筋膜って何ですか? すごい気になって。

竹井先生:筋肉の上をボディスーツのようにグルーっと身体中を覆っている膜なんですけど。
それだけじゃなくて、筋肉の中にまで入り込んで1本1本の筋繊維も包み込むという、体中にあるんですよ。ですから、筋膜だけ残しても体の形が残るという、第2の骨格と言われる大事な組織なんですね。

かなこ:筋膜というのは衰えていっちゃうということなんですか?

竹井先生:衰えるというか、悪い姿勢をとっていると捻れてくるんですね。筋膜というのは、大きな動きをしている幼稚園の子なんかは自由に動けるんです。小学校に入って机に座って勉強して、30後半になって筋肉が衰えて、デスクワークが増えて、体の動きが小さくなると筋膜は硬くなっていっちゃうんですね。

かなこ・ももか:なるほど~~。

竹井先生:リリースは開放するという意味ですよね。筋膜を開放すると非常に体の動きが良くなるんですよ。



──”肩コリの筋膜リリース!”



清野:まずは「肩コリ」の筋膜リリースについて教えていただけますか?

竹井先生:筋膜は全身をつなげているので、肩の所だけをやっても良くならないんですよ。
首から肩、腰、足の方まで繋がっている筋膜を広い範囲でほぐす、肩甲骨周りには17個も筋肉がついていますので、それらの筋膜を緩めるのは大事になります。そこで、「肩甲骨回し + シェー筋膜リリース」です。

かなこ:シェー筋膜リリース?

清野:天才バカボンのイヤミさんがやっているポーズですね。

竹井先生:では、立ってやってみましょうか。
ひじを直角に曲げるんですが、右手を頭の後ろに、左手を背中の後ろに直角に曲げます。
肩甲骨を反時計回りに回しますので、右のひじは体の方に、左のひじも体の方に近づけていくと、肩甲骨をまわしたわけです。
ここで2~30秒リリースした後で、右足を左足の前に交差して、安定した所で体を左に倒していきます。

1/3ページ

最終更新:5/7(日) 17:00

TOKYO FM+