ここから本文です

フルマラソン2時間切りに挑戦、キプチョゲ惜しくも達成ならず

5/7(日) 9:22配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月7日 AFP】リオデジャネイロ五輪の男子マラソンを制したエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge、ケニア)が5日、フルマラソンの2時間切りに挑戦したものの、2時間0分25秒で惜しくも記録達成はならなかった。

 米スポーツ用品大手のナイキ(Nike)と多数の科学者たちの支援、そして入れ替わりながら走ったペースメーカーに引っ張られながら、キプチョゲはレリサ・デシサ(Lelisa Desisa、エチオピア)とゼルセナイ・タデッセ(Zersenay Tadese、エリトリア)とともに、42.195キロの2時間切りを目指してレースに臨んだ。

 イタリアのモンツァ・サーキット(Monza Circuit)で達成されたタイムは、デニス・キメット(Dennis Kimetto、ケニア)が持つ世界記録の2時間2分57秒を大きく更新したものの、ペースメーカーの起用法が規則を順守していないことなどにより非公認となっている。

 レース中、キプチョゲらは時間を管理する車両の約10メートル後ろを走行するペースメーカー6人を追い掛ける形で走った。

 わずかに記録達成を逃したキプチョゲだったが、2時間切りの可能性を感じたとした上で再び挑戦するかもしれないと語った。

 女子マラソンの世界記録保持者であるポーラ・ラドクリフ(Paula Radcliffe、英国)氏のインタビューを受けたキプチョゲは「次回に期待する。自分としては人類が2時間切りに近付いているということは言える」とコメントしている。(c)AFPBB News

最終更新:5/7(日) 9:22
AFPBB News