ここから本文です

【大学野球】「実力的には下の下」―人間性で名門を牽引 3季連続優勝を目指す明大新主将

Full-Count 5/7(日) 10:19配信

リーグ戦初出場は昨年秋、人間性を買われた中野速人主将

 4月に開幕した東京六大学野球の春季リーグ戦は、早くも佳境に差し掛かろうとしている。昨年は柳裕也投手(現中日)、星知弥投手(現ヤクルト)らの活躍で春秋リーグ戦連覇、明治神宮大会優勝に輝いた明大の3季連続優勝に注目が集まる。その明大では、チームの主将として2015年は坂本誠志郎捕手(現阪神)、2016年の柳と、プロ入りを果たした主力が名を連ねてきた。しかし、今年から主将を務める中野速人内野手は、昨年秋にリーグ戦初出場。「実力的には下の下」と自己分析する新主将は、試行錯誤を繰り返しながら名門チームを率いている。

【画像】東京六大学野球で新たな取り組み、「BIG6.TV」の告知ポスター

 昨年は3年ぶりとなる春秋リーグ連覇、5年ぶりの明治神宮大会優勝とその強さを見せつけた明大。柳、星のほか、佐野恵太内野手(現DeNA)、中道勝士捕手(現オリックス)の4人がプロ入りした。主力が次のステージへ旅立ったため、今季は大幅な戦力ダウンが懸念されるが「みんなの力で優勝を目指す」と、中野は意気込む。

「プロ入りした先輩たちが抜け、戦力は落ちると思います。昨年は個々の力が強かったですが、自分たちはつなぎの野球をして、チーム全体の力で勝ちに行きたいです」

 そう話す新主将に、善波達也監督は「人間性が素晴らしく、社会に出たら必ず役に立つ人材になる」と信頼を置く。その人格と、高校時代に神奈川県の名門、桐光学園で副主将を務めていたリーダーシップを買われ、主将に任命された。

 桐光学園では、2年夏に松井裕樹(現楽天)らとともに夏の甲子園に出場。しかし、全国から実力者が集まる六大学の名門、明大では出場機会に恵まれず、リーグ戦初出場を果たしたのは昨年の秋だった。主将を拝命した後、下級生の時から活躍してプロ入りした歴代主将たちと比較されることも多いという。

「六大学のポスターにも主将として出させてもらっているので、学校の授業でも友達に『プロに行くの?』と聞かれます。(比較されても)自分の実力は分かっているので、特に気にはしていません」

1/2ページ

最終更新:5/7(日) 11:13

Full-Count