ここから本文です

ラオニッチとチリッチが決勝進出 [イスタンブール/男子テニス]

5/7(日) 16:00配信

THE TENNIS DAILY

「TEB BNP パリバ イスタンブール・オープン」(ATP250/トルコ・イスタンブール/5月1~7日/賞金総額43万9005ユーロ/クレーコート)のシングルス準決勝が行われ、第1シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と第2シードのマリン・チリッチ(クロアチア)が決勝に進んだ。

ナダルがティームを倒し、記念すべき10度目の優勝 [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

 ラオニッチが第5シードのビクトル・トロイツキ(セルビア)を6-2 6-3で、チリッチは前年の優勝者で第3シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-1 7-6(7)で破っての勝ち上がり。

 両者の過去の対戦成績は1勝1敗。初対戦だった2011年11月のバレンシア(ATP500/室内ハードコート)の1回戦はチリッチが6-4 6-4で、2013年3月のインディアンウェルズ(ATP1000/ハードコート)の3回戦ではラオニッチが3-6 6-4 6-3で勝っており、クレーコートでは初対戦となる。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:MONTE-CARLO, MONACO - APRIL 21: Marin Cilic of Croatia serves against Albert Ramos-Vinolas of Spain in their quarter final round match on day six of the Monte Carlo Rolex Masters at Monte-Carlo Sporting Club on April 21, 2017 in Monte-Carlo, Monaco. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5/7(日) 16:00
THE TENNIS DAILY