ここから本文です

ドルトムント、知将トゥヘルの守備戦術が大当たり リーグ3位の得点数を誇るホッフェンハイムを封殺

theWORLD(ザ・ワールド) 5/7(日) 11:30配信

3位に浮上したドルトムント

現地時間6日にブンデスリーガ第32節が行われ、ドルトムントがホッフェンハイムに2-1で勝利した。

同クラブを率いるトーマス・トゥヘル監督はクラブ公式Twitterのコメントで、上位直接対決を制したことについて、喜びの言葉を口にしている。

「非常にタフな試合になったけれど、最後まで粘り強い守備を披露することができた。ただ、1週間後にはまた厳しい戦いが待っているはず。最後までテンションを高く保って突き進みたいね」

試合全体を通じてホッフェンハイムにボールを支配されたものの、最後まで堅固な守備を披露したドルトムント。同試合ではソクラティス・パパスタソプーロスが束ねる最終ライン(3バック)が巧みなラインコントロールで10回のオフサイドを記録。また、マルコ・ロイス、ウスマン・デンべレ、ピエール・エメリク・オバメヤンらを中心に少ない手数でカウンターを仕掛ける戦い方も奏功し、今季の同リーグで3番目に多い得点を挙げているホッフェンハイムの攻撃をPKによる1点に抑え込んだ。ホッフェンハイムとの上位直接対決を制し、来季のUEFAチャンピオンズリーグのストレートイン圏内の3位に浮上した同クラブだが、次節以降も堅固な守備を披露することができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/7(日) 11:30

theWORLD(ザ・ワールド)