ここから本文です

【Moto3】へレス決勝:鈴木竜生、無念の0周転倒リタイア。アロン・カネットが地元で初優勝

5/7(日) 19:17配信

motorsport.com 日本版

 MotoGP第4戦スペインGP、Moto3クラスの決勝が行われ、アロン・カネット(Estrella Galicia 0,0)が地元で初優勝を飾った。

【リザルト】MotoGP第4戦へレス:Moto3クラス決勝結果

 スタートはポールポジションのホルヘ・マルティンが好スタート。7番手スタートだった鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は1周目のターン6で接触・転倒を喫してしまった。

 先頭集団は10台以上の大接戦。ロマーノ・フェナティ(Marinelli Rivacold Snipers)、マルコス・ラミレス(Platinum Bay Real Estate)、ダレン・ビンダー(Platinum Bay Real Estate)、アロン・カネット(Estrella Galicia 0,0)、ジョアン・ミル(Leopard Racing)といったメンバーが激しく順位を争った。ポールスタートのマルティンはズルズルと順位を落とし、集団の最後尾でついていくのがやっとになってしまった。

 レース中盤、アグレッシブに攻めていたビンダーは、フェナティと接触し転倒。この件は審議されたが、お咎めなしとなった。

 フェナティ、ミル、ラミレスというトップ3でファイナルラップに突入。ラミレスは果敢にオーバーテイクを試みるが、ラインを外しカネットが3番手に浮上。カネットはそのまま最終コーナーでインをつき、大逆転で優勝を果たした。

 カネットは、地元スペインで嬉しい初優勝。2位はフェナティ、3位はミルというトップ3だった。前戦勝者のフェナティは2戦連続の表彰台、開幕2連勝を飾ったミルは、4戦で3度目の表彰台獲得となった。

 佐々木歩夢(SIC Racing Team)は15位で1ポイント獲得、27番グリッドスタートの鳥羽海渡(Honda Team Asia)は17位でレースを終えた。好位置からのスタートだった鈴木は、残念ながらリタイアとなった。