ここから本文です

楽天岸、移籍後初メットライフ登板 中村、メヒアに被弾も7回2失点で2勝目

Full-Count 5/7(日) 15:39配信

西武先発ウルフは西武加入10試合目の先発で初黒星

 楽天の岸孝之投手が7日、古巣西武の本拠地メットライフドームで移籍後初先発し、7回6安打2失点の好投で今季2勝目を挙げた。打線は足立のスクイズ、ペゲーロの8号2ランで3点を奪取。西武は中村、メヒアが2者連続弾を放ったが、反撃は及ばず。先発ウルフは昨季から9試合に登板して8連勝中だったが、西武加入後初黒星を喫した。

 西武は2回、中村、メヒアの連打で無死一、二塁の好機を作るも、後続が倒れて無得点。すると、楽天は3回に先頭・岡島がツーベースで出塁し、藤田のバントで1死三塁とする。ここで足立がスクイズを決めて先制。さらに、茂木のツーベースの後、ペゲーロが2ランを放ち、一挙3点を奪った。

 岸は3回、1死から秋山にヒットを許すも、相手の盗塁失敗などで無失点。4、5、6回は3者凡退と、かつての本拠地で好投を続ける。一方、ウルフも4回以降は無安打ピッチング。すると、西武は7回、1死からまずは中村が岸の直球を捉え、バックスクリーン左の場外へと消える特大の一発で1点を返す。さらに、続くメヒアは初球のチェンジアップを左中間スタンドへ。2者連続弾で1点差とした。

 その後、水口のヒットと盗塁で2死二塁とピンチが続くも、木村文はフルカウントからキャッチャーフライで3アウト。1点のリードを守った。

 岸は116球で降板。楽天は8回を森原、9回を松井裕とつないで、3-2で勝利。連勝でカード勝ち越しを決めた。岸はかつての本拠地で好投し、今季2勝目を手にした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/7(日) 15:39

Full-Count