ここから本文です

トッテナム望みより現実的な2位確保へ「死守しなければならない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5/7(日) 21:01配信

昨シーズンは最終節で3位後退

トッテナムは5日にウェストハムに敗れ、プレミアリーグ逆転優勝が絶望的となった。

トッテナムは逆転優勝の可能性を数字上では残すものの、チェルシーが8日の試合で勝利を収めれば7ポイント差となる。残り3試合で7ポイントは非常に大きい。トッテナムのウーゴ・ロリスはまだ終わっていないと語るも2位を守り切ると主張した。同選手のコメントを英『Daily Mail』が伝えている。

「今シーズンはまだ終わっていない。しかし2位の座を死守しなければならないね。これは最も重要なことだ。僕の気持ちはなにも変わっていない。試合前と同じだ。自分自身にフォーカスを置き、ベストな終わり方でフィニッシュしなければならない。残り3試合だ。全ての試合に勝ち、2位でフィニッシュできるよう努めるよ。もちろんそれ以上を求めているがね」

トッテナムは3位と8ポイント差のため、1ポイントでもとればほぼ確実となるが、気持ちが切れてしまえば3位後退もあり得る。昨シーズンの二の舞だけは避けたいトッテナムは、この敗戦から気持ちを切り替えなければならない。

https://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5/7(日) 21:01

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合