ここから本文です

4点差逆転→9点差逆転→6-0完勝 阪神が首位攻防戦で広島3タテ、鳥谷5打点

5/7(日) 17:12配信

Full-Count

歴史的逆転勝利の翌日は快勝で今季初5連勝、能見は今季初勝利で広島に1ゲーム差

 阪神が7日、本拠地での広島戦に6-0で快勝。首位攻防戦で3タテ、今季初の5連勝として2位広島に1ゲーム差をつけた。鳥谷が5打点の大暴れ。先発・能見は6回途中無失点と好投し、今季初勝利を挙げた。前日に9点差を逆転される悪夢の敗戦を喫した広島は、いいところがなく今季初の同一カード3連敗を喫した。

 能見は初回、1本のヒットと2つの四球で1死満塁のピンチを招くも、新井、ペーニャを連続空振り三振。無失点で切り抜ける。2、3回は3者凡退に好投。4回は2死二塁のピンチで安部を中飛に打ち取った。

 すると、3回まで広島先発の九里に無安打に抑えられていた打線が4回に好機を作る。北條の四球、糸井のヒット、福留のニゴロで1死二、三塁。中谷は空振り三振に倒れるも、鳥谷がライトへ運び、2点を先制した。

 能見は5回1死一、二塁のピンチも、堂林、丸を打ち取って無失点。6回は無死一、二塁でペーニャを二飛、安部を空振り三振で2死としたが、阪神ベンチはここで桑原をマウンドに送った。桑原は會澤を遊ゴロに仕留め、能見の勝利投手の権利を守った。

 すると、阪神はその裏に福留がタイムリーツーベース。なおも1死二、三塁の好機で鳥谷がセンター前に運び、2者が生還。鳥谷は8回にも犠飛で1打点を挙げ、この試合5打点とした。

 阪神投手陣は桑原が7回も続投して無失点。8回は岩崎、9回は藤川とつないで、6-0で快勝した。5日は4点差を逆転、そして6日は9点差を逆転する歴史的勝利で首位に浮上していたが、3連戦最終戦は完勝で締めくくり、広島に1ゲーム差をつけた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/7(日) 17:29
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 15:35