ここから本文です

乾、アトレティコを脅かす存在感 “十八番”カットインシュート披露しスペイン紙も高評価

5/7(日) 22:45配信

theWORLD(ザ・ワールド)

エイバルは来季のUEL出場が消滅

乾貴士の所属するエイバルは6日、リーガ・エスパニョーラ第36節で3位アトレティコ・マドリードと対戦した。MFサウール・ニゲスに得点を許し0-1で敗れたエイバルは、8位から11位でのシーズン終了が確定し、UEFAヨーロッパリーグ出場の可能性が消滅した。

[動画]必見! 乾のカットインシュート

来季のUEL出場を逃す悔しい敗戦となったが、4試合連続となる先発出場を果たした乾は、8分に得意のカットインからシュートまで持ち込み、アトレティコのゴールに迫ったことでスペイン紙から高い評価を得ている。試合後の採点(4段階評価で3が最高点)では『MARCA』、『as』ともに高い評価となる「2」を与えられた。「2」はペドロ・レオンらと並び、チーム内では最高の評価となる。

また『as』のマッチレビューでは、アトレティコは序盤、エイバルの勢いを衰えさせるのに多くのコストを費やしたと伝え、「乾はアトレティコで右サイドバックを務めたトーマスを(守備に)走らせた」と綴り、この試合で最高評価を獲得し「非の打ちどころがない」と評価されたトーマスを押し込み、アトレティコにとって十分、脅威となっていたようだ。76分にピッチを退いた乾だが、リーガ・エスパニョーラで確かな存在感を残している。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合