ここから本文です

またまた久保裕也の“逆足“が火を吹いた! チームは敗北もビューティフルショットを叩き込む

theWORLD(ザ・ワールド) 5/7(日) 23:40配信

追撃の一撃を決める

7日に行われたベルギーリーグ優勝プレーオフ第7節のオーステンデ戦に先発したヘントFW久保裕也にまたゴールだ。

ヘントはすっかり”サムライ一色”

ヘントは65分まで2-1で何とかリードしていたのだが、そこから13分間でまさかの3失点を喫してしまい、2-4と苦しい状況に追い詰められてしまっていた。そんな失望感漂う空気を追い上げムードに変えたのが久保だ。

久保は80分に中盤でボールをキープすると、そのまま左サイドに展開。サイエフがライン際からマイナス方向にグラウンダーのボールを折り返すと、そこに中盤から駆け上がってきた久保が左足でダイレクトシュート。角度は限られていたが、カーブのかかった左足のシュートはファーサイドに突き刺さった。角度的にも体をひねってファーサイドを狙うのは難しかったはずだが、久保は冷静にコースを突いてみせた。相変わらず逆足の精度も高く、サイドに関係なくゴールを狙えるのは大きな強みだ。

しかしチームは久保の反撃弾もむなしく3-4で敗北。終盤に立て続けに失点してしまったのが最後まで響く形となってしまい、アウェイで悔しい敗北を喫している。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/7(日) 23:40

theWORLD(ザ・ワールド)