ここから本文です

萩生田氏、「議論加速のため」と強調

ホウドウキョク 5/7(日) 15:38配信

萩生田官房副長官は7日朝、フジテレビの「新報道2001」に出演し、安倍首相が2020年に新しい憲法の施行を目指す考えを表明したことについて、国会や自民党内の議論を加速させるためだとの認識を強調した。
萩生田官房副長官は、「憲法が70年という節目を迎えて、これだけ環境が整って、また国民の声もある中で」、「国会での憲法審査会が、なかなか動かないことに対して、一石を投じたというのが、正直なところではないか」などと述べた。
さらに萩生田氏は、「自民党の党内議論も加速してくれというメッセージだと受け止めている」と指摘し、改正の優先順位などは、国会の憲法審査会で決めるべきだとの考えを示した。
一方、北朝鮮問題については、核やミサイル開発を放棄させることを前提に、「国際社会のテーブルに、もう一度着かせることが重要だ」と語った。

最終更新:5/7(日) 15:38

ホウドウキョク