ここから本文です

米サイト「海外ドラマ俳優ギャラランキング」発表! 歴代ナンバー1は誰?

クランクイン! 5/7(日) 14:00配信

 何年も続くヒットドラマにレギュラーの座を獲得すれば、映画スターに引けを取らないステータスと富を手にできるアメリカのテレビ界。2002年に『フレンズ』の主要キャスト6人が1話100万ドル(約1億1100万円)のギャラ契約を結んだ際には大きな話題を呼んだが、彼らの上を行くギャラをもらったテレビ俳優がいる。お騒がせ俳優チャーリー・シーンだそうだ。

【関連】写真でみる、「海外ドラマ俳優ギャラランキング」フォトギャラリー


 E!Newsがまとめた歴代テレビ俳優のギャラランキングによると、チャーリーはクビになった主演シットコム『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』で1話180万ドル(約1億9900万円)のギャラを獲得。その後、主演した日本未上陸のシットコム『Anger Management(原題)』(2012~2014年)で通算100話達成後、ギャラが1話200万ドル(約2億2200万円)に上がったとのことだ。

 『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』でチャーリーがいなくなった穴を埋めた俳優アシュトン・カッチャーは、同ドラマで1話75万5000ドルのギャラを手にし、10位にランクインしている。

 1位のチャーリーをゆうに超えるギャラをもらえる可能性のあった俳優はというと、5位にランクインした『となりのサインフェルド』のジェリー・サインフェルドだ。シリーズを終わらせたいがために1話500万ドル(約5億5500万円)のオファーを断ったという。

 E!News発表、「海外ドラマの俳優ギャラランキング」は以下の通り。
1位 チャーリー・シーン『Anger Management(原題)』/1話200万ドル(約2億2200万円)
2位 レイ・ロマノ『Hey!レイモンド』/1話180万ドル(約1億9900万円)
3位 ケルシー・グラマー『そりゃないぜ!? フレイジャー』/1話160万ドル(約1億7700万円)
4位 ティム・アレン『Home Improvement(原題)』/1話125万ドル(約1億3800万円)
5位 ジェリー・サインフェルド『となりのサインフェルド』/1話100万ドル(約1億1100万円)
5位 ヘレン・ハント&ポール・ライザー『あなたにムチュー』/1話100万ドル(約1億1100万円)
5位 ジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、リサ・クドロー、マット・ルブラン、マシュー・ペリー、デヴィッド・シュワイマー『フレンズ』/1話100万ドル(約1億1100万円)
5位 ジョニー・ガレッキ、ジム・パーソンズ、ケイリー・クオコ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』/1話100万ド(約1億1100万円)
9位 マイケル・C・ホール『デクスター ~警察官は殺人鬼』/1話83万ドル(約9200万円)
10位 アシュトン・カッチャー『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』/1話75万5000ドル(約8300万円)

最終更新:5/7(日) 14:00

クランクイン!