ここから本文です

カンナロード彩る 黒部、住民ら球根植え

5/7(日) 13:57配信

北日本新聞

 黒部市前沢地区の前沢カンナロード実行委員会(会長・舟子忠明前沢自治振興会長)は7日、市前沢農村環境改善センター前の「カンナロード」にカンナの球根などを植えた。

 1984年にカーター元米大統領が同市を訪れた際、通る道を花で飾ったことをきっかけに毎年、カンナで彩っており、ことしで33回目。

 住民や桜井小学校児童、黒部署員ら計約300人が参加した。参加者は沿道約1キロの花壇にカンナ600球のほか、マリーゴールドやベゴニア1170株を植えた。子どもたちは「早く花が咲いてほしいな」などと話しながら、丁寧に植え土をかぶせていた。

 

北日本新聞社

最終更新:5/7(日) 13:57
北日本新聞