ここから本文です

日本遺産「北前船」に理解 県歴博、春季特別展で講座

5/7(日) 1:42配信

北國新聞社

 石川県立歴史博物館で開催中の春季特別展「北前船と日本海海運」(北國新聞社共催)に関連した特別講演会は6日、金沢市の同館で開かれた。月刊「歴史研究」の編集委員で日本歴史学会員の加来(かく)耕三氏が北前船の歴史を解説し、史実を仕事や生活に生かす大切さを説いた。

 来場した約140人は日本遺産に認定された「北前船寄港地・船主集落」に関する北前船の航路や船主の役割などに理解を深めた。

 加来氏は「歴史に学び大局観を養う~北前船と石川県~」と題して講演し、「歴史にはわれわれのこれから先にとって得るものが必ずある。小説やドラマで描かれる歴史を疑い、立ち止まって考える習慣をつけてほしい」と呼び掛けた。

北國新聞社

最終更新:5/7(日) 1:42
北國新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ