ここから本文です

鎌田が魅せた鳥栖がホーム4連勝、ミスからの失点悔やむ横浜FMは3連敗

5/7(日) 19:27配信

ゲキサカ

[5.7 J1第10節 鳥栖1-0横浜FM ベアスタ]

 サガン鳥栖がホームで横浜F・マリノスを1-0で下した。ホーム4連勝で勝ち点を14に伸ばした鳥栖は10位に浮上。横浜FMは3連敗で11位に後退した。

 鳥栖の先制点は前半13分、MF扇原貴宏が見せた一瞬の隙を見逃さなかったMF鎌田大地がボールを奪うと、そのままエリア内に入ってシュート。「まずは守備からと狙っていた。狙い通り奪えてよかった」と自画自賛した20歳MFの今季2点目で鳥栖が試合を動かした。

 鎌田はその後も魅せるプレーを続ける。後半18分には右サイドをドリブルで駆け上がって、混戦にクロスボールを入れる。見方にはわずかに合わなかったが、横浜FMゴールに迫り続けた。

 横浜FMも試合終盤にようやく得点の雰囲気が出てくる。しかし後半41分のFW伊藤翔のシュートは左ポストを直撃。同アディショナルタイムの伊藤のシュートもGK権田修一のセーブに阻まれてしまった。

 前半に挙げた1点を守り抜いての勝利に、鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は「最後は苦しい時間があることが課題ですが、勝ててよかった」と安堵の表情。対照的に横浜FMのエリク・モンバエルツ監督は「全体的には多くボールを持てていたが、ミスから失点してしまった。最後はチャンスを作っていたが、得点を奪えなかった」と悔しそうに話していた。

最終更新:5/7(日) 19:27
ゲキサカ