ここから本文です

海外改造マニアが「任天堂版プレイステーション」の修理完了を報告

インサイド 5/8(月) 9:47配信

海外のハードウェア改造マニアBen Heck氏は「任天堂版プレイステーション」の修理を完了させ、ユーザー制作ゲームの動作を確認できる新たな映像を披露しました。

「任天堂版プレイステーション」は2015年7月に発見された幻のゲームハード。ソニーと任天堂が協力して開発したCD-ROM搭載型のスーパーファミコンと見られた本機は多くの海外ゲーマーから熱視線を浴び、その後もBen Heck氏の手によって数回の「修理映像」が公開されていましたが、同氏は今回の動画で「ディスクドライブの動作」とユーザー制作のゲームがプレイアブルになったことを報告しました。

なお、起動後にはディスクイメージの読み込み画面まで表示されているものの、このハードウェアのための公式ソフトウェアが存在しないため、エミュレーター向けにユーザーが制作したゲームを「任天堂版プレイステーション」でプレイしています。過去の映像はこちらから視聴できます。

最終更新:5/8(月) 9:47

インサイド