ここから本文です

「カーズ」第3作、日本版エンドソングは奥田民生の新曲「エンジン」!

映画.com 5/8(月) 5:00配信

 [映画.com ニュース] ディズニー/ピクサーによる人気シリーズ「カーズ」の第3作「カーズ クロスロード」の日本版エンドソングを、奥田民生が手がけていることがわかった。無類の車好きであり、本シリーズの大ファンだという奥田は、新曲「エンジン」を提供。同曲にのせた予告編もお披露目され、哀愁と情熱に満ちた旋律を聞くことができる。

【動画】「カーズ クロスロード」予告編

 2006年に誕生した「カーズ」シリーズは、真っ赤なスポーツカーのライトニング・マックィーンが、田舎町ラジエーター・スプリングスに迷い込み、そこに暮らす人々の優しさに触れるうちに、レーサーとして成長していく物語だ。第3作では最新型レーサーに勝てず、ロートルとなってしまったマックィーンが、レース中にクラッシュしてしまい引退の危機に直面。人生の岐路(クロスロード)に立ち、決断を迫られる。

 「もともと車も子どものころから好きですし、『カーズ』シリーズではその車がしゃべるところがやっぱり好きです」と話す奥田は、楽曲について「最初のアコースティックギターでズズズンと行くところは、エンジンをかけてアイドリングをしているイメージで作りました。『カーズ クロスロード』の映像とも合っていて、ジョン・ラセターさんにも気に入ってもらえて光栄です」とコメントを寄せる。製作総指揮のラセターは「本当に素晴らしい曲です」と太鼓判を押し、「私たち2人は車好きという共通点がある。いつか一緒にドライブでも行きたいね」と語っている。

 また予告編は、マックィーンが大クラッシュし、TVレポーターが「マックィーンの黄金時代は終わりました」と伝える模様から始まる。マックィーンは新キャラクターのクルーズとともに再起をかけて猛トレーニングに励むが、厳しい現実に直面し「僕はもう、勝てないのか」とうなだれる。圧倒的な挫折を味わった者に再起の道はあるのか、物語の展開に期待が高まる仕上がりだ。

 「カーズ クロスロード」は、7月15日から全国公開。

最終更新:5/8(月) 5:00

映画.com