ここから本文です

社宅全焼、放火の疑い 従業員の男逮捕 静岡・清水区

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/8(月) 12:21配信

 7日午後10時15分ごろ、静岡市清水区長崎、人材派遣会社の社宅から出火し、2階建て木造家屋を全焼した。周辺にも延焼し、民家4棟が半焼するなどした。社宅にいた同社役員と従業員の3人がやけどや骨折をした。清水署は8日、現住建造物等放火の疑いで、住所不詳の同社従業員の男(52)を逮捕した。

 通行人から「炎と黒い煙が出ている」と119番があり、市消防局は消防車13台を出動させた。火は、約1時間40分後に鎮火した。全焼した社宅のほか、東西の住宅2棟が半焼、北に隣接する住宅1棟が部分焼、北東の住宅1棟も被害を受けた。

 逮捕容疑は7日同時刻ごろ、社宅に火を付け、社宅と隣接する住宅を焼損させた疑い。同署によると、容疑者と役員(69)が社宅の部屋で口論になり、容疑者が外に出た後に火が上がったという。他の2人の従業員も同じ部屋にいた。清水署が同市駿河区で容疑者を見つけた。

 同署と市消防局によると、役員と従業員(63)が全身にやけどを負い、2階から飛び降りた従業員(37)が右足を骨折したという。

 近所に住む女性は「火はあっという間に住宅の約2倍の高さまで立ち上り、怖かった」と声を震わせた。別の女性は「玄関付近が激しく燃えているように見えた」と話した。

 現場は、JR草薙駅から北に約1・2キロの住宅街。

静岡新聞社

最終更新:5/8(月) 14:39

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS