ここから本文です

マッチプレー女王にキム・セヨン 決勝で世界3位を破る

5/8(月) 7:55配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国女子◇ロレーナ・オチョアマッチプレー 最終日「(7日)◇メキシコGC(メキシコ)◇6763yd(パー72)

【画像】日本ではアン・シネ旋風! “セクシークイーン”画像集

ベスト4による準決勝に続いて行われた決勝戦は、世界ランキング3位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)と12位のキム・セヨン(韓国)が対戦。キムが最終18番までもつれこんだ接戦を1アップで制し、今季初優勝、ツアー通算6勝目を飾った。

キムは最初の1番から3ホール連続で奪い、序盤戦を優位に進める。ジュタヌガンは3ダウンで迎えた後半に主導権を奪い返し、17番(パー5)のバーディでその差を1ダウンまで詰めたが、最終18番をパーで分け合い決着。キムが辛くも逃げ切った。

3位決定戦はハー・ミジョン(韓国)とミッシェル・ウィが対戦。ハーがエキストラホールの22ホール目にバーディとして勝利した。

<決勝戦、左側が勝者>
キム・セヨン 1アップ アリヤ・ジュタヌガン

<3位決定戦、同>
ハー・ミジョン 22ホール ミッシェル・ウィ

<準決勝、同>
キム・セヨン 5&4 ハー・ミジョン
アリヤ・ジュタヌガン 4&3 ミッシェル・ウィ

Yahoo!ニュースからのお知らせ