ここから本文です

サトノアラジンが連覇を狙う/京王杯スプリングCの見どころ

5/8(月) 10:00配信

netkeiba.com

 昨年の覇者サトノアラジンが登場。連覇を決めて、悲願のGI制覇に向けて弾みをつけることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/13(土) 京王杯スプリングC(4歳上・GII・東京芝1400m)

 サトノアラジン(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は昨年の覇者。不利を受けて5着だったマイルCSをはじめ、GIではなかなか結果を出せないものの、能力はトップクラスのものがある。距離は1400mがベストで、休み明けも全く問題ないタイプ。連覇を決めて、GI獲りに向かいたいところだ。

 レッドファルクス(牡6、美浦・尾関知人厩舎)は1番人気に支持された高松宮記念で3着だったが、香港遠征以来の休み明けで馬場も合わなかったことを考えると、力は見せたと言っていいだろう。近4走は芝1200mのレースに出ているが、1400mでも4勝(芝1勝、ダート3勝)を挙げており、問題なく対応できるはず。

 その他、ダービー卿CTで2着のキャンベルジュニア(牡5、美浦・堀宣行厩舎)、3着のグランシルク(牡5、美浦・戸田博文厩舎)、2走前に阪急杯を勝ったトーキングドラム(牡7、美浦・斎藤誠厩舎)、一叩きして良くなりそうなダッシングブレイズ(牡5、栗東・吉村圭司厩舎)、昨年の3着馬ロサギガンティア(牡6、美浦・藤沢和雄厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:5/8(月) 11:03
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ