ここから本文です

錦織圭が右手首痛から復帰 マドリードOP初戦に向け調整

日刊ゲンダイDIGITAL 5/8(月) 12:00配信

 右手首痛で公式戦から離れていた男子テニスの錦織圭(27=世界ランキング7位)が7日(日本時間8日未明)、復帰初戦となるマドリード・オープン(スペイン)に向けて同地の練習コートで調整。ストロークやボレー、サーブを入念に確認するなど、約1時間半の練習を行った。3月下旬のマイアミ・オープンで痛めた右手首は万全ではないのだろう。患部をテーピングで固定し、リストバンドを着けて打ち込んだ。

 今大会、第6シードに入った錦織は8日以降の2回戦から登場。世界ランク19位のアルベルト・ラモス(29=スペイン)、同46位のディエゴ・シュワルツマン(24=アルゼンチン)の勝者と対戦する。

 1カ月以上、実戦から遠ざかっていた錦織にとって今大会は単なる復帰戦にとどまらない。今回の会場であるマドリード・アリーナは28日に開幕する4大大会全仏オープン(フランス)と同じクレーコート。いわば全仏の前哨戦だ。世界1位のアンディ・マリー(29=英国)らと対戦する可能性もある錦織は、全仏を前に完全復活をアピールできるか。

最終更新:5/8(月) 12:00

日刊ゲンダイDIGITAL