ここから本文です

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』今度のダンスは一味違う!クリス・プラット語る

シネマトゥデイ 5/8(月) 6:04配信

 マーベルの大ヒット映画の続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のプロモーションで日本にやってきたクリス・プラットが、自らをスターダムに押し上げたスター・ロードの役づくりや、今作でのダンスシーンなどについて語った。

クリス・プラット、日本を満喫!【写真】

 本作は、1970年代を中心にヒットした数々のナンバーに乗せ、宇宙の落ちこぼれたちがヒーローとして大暴れする『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの第2弾となるSFアクション。スター・ロードことピーター・クイル(クリス)は、“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、凶暴で毒舌なアライグマのロケット、超絶キュートな樹木ヒューマノイドのベビー・グルート、美しき暗殺者ガモーラ、野獣の力を持つも天然なドラックスといったくせ者たちを率いている。

 『ジュラシック・ワールド』『マグニフィセント・セブン』など今となっては大作に引っ張りだこの大スターとなったクリスだが、銀幕の上で圧倒的な存在感を発揮したのは前作でのスター・ロード役が初めてだった。スター・ロードとは「元々似ているところがたくさんあった」とクリス本人も認めるように、他の役者が思い浮かばないほどのハマリ役だ。その上で、ジェームズ・ガン監督からは「キャラクターに自分なりのスピリットを注入すること」を求められたそうで、クリスは「ラッキーだったのは、スター・ロードも、ガーディアンズも、それまで映像化されたことがなかった。もし、以前に映像化されていたことがあったら、影響を受けてしまったかもしれないけど、そういうことが一切なかったから、自由につくっていくことができた。そのおかげで、コメディーやアクションの組み合わせであるこの作品に、僕なりのユーモアをもたらすことができると思えたし、監督も自由にやっていいよと言ってくれたから、スター・ロードが一体何者なのか、そして彼と自分がどういうふうに違うのか、というのを考えながら、このキャラクターを少しずつつくっていった」と役づくりを振り返る。

1/2ページ

最終更新:5/8(月) 6:04

シネマトゥデイ