ここから本文です

ゲス川谷 フジ系「ワイドナショー」で不倫ぶっちゃけた

5/8(月) 6:00配信

デイリースポーツ

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(28)が7日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10・00)に出演した。番組では、昨年1月に発覚したタレント・ベッキー(33)との不倫問題に、テレビで初めて言及。ベッキーを実家に連れて行ったことを「僕がクズ過ぎ」と反省し、騒動の渦中に会えなかったベッキーへの思いを歌にしたことなどを、赤裸々に打ち明けた。  

 番組MCのダウンタウン・松本人志(53)が第一声から「ゲスが出たぞっー!!」と興奮気味だったのとは対照的に、“主役”はド直球質問にも冷静だった。

 川谷の地上波出演は昨年7月以来、10カ月ぶり。5カ月間の活動休止から、今月10日にライブ活動を再開するのを前に、テレビ復帰した理由を「ライブじゃ伝わりきれないことがあって。自分で話す場面も必要かなと思って」と説明した。

 不倫発覚当時は、離婚前にもかかわらずベッキーに未練タラタラだった様子で、「ベッキーと会えなくて。好きだったから気持ちを伝えたかったから、(昨年)1月上旬くらいに歌詞を書いてベッキーに送った」と告白。発覚直前の正月にベッキーを実家に連れて行ったことをツッコまれると、「僕がクズ過ぎて、一点の曇りもなくそのことは謝りたい」と小さく頭を下げた。

 ベッキーと直接的な別れの言葉は交わしていないそう。「金スマでしゃべってるのを聞いて、終わってると実感した」と、昨年5月に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルへ」でベッキーが「今は好きじゃない」などと語る姿で、“終えん”を受け止めたことを明かした。

 昨年は不倫騒動が相次ぎ、『ゲス不倫』という言葉が飛び交った。「流行語大賞にもノミネートされて。僕が作った言葉ではないし…」と戸惑いつつ、バンド名を「だいぶ後悔してます」と自虐節。不倫発覚から1年4カ月、会見も開かず沈黙していた男とは思えないほどの、冗舌ぶりだった。