ここから本文です

出稽古嫌いの稀勢の里 2日連続で“他流試合”に励んだ狙い

日刊ゲンダイDIGITAL 5/8(月) 12:00配信

 横綱・稀勢の里(30)といえば、出稽古をしないことで有名。出稽古先でなれ合い、八百長相撲に誘われることを危惧した先代親方(故・鳴戸親方=元横綱・隆の里)の教えともいわれるが、たまに外に出ても佐渡ケ嶽部屋くらい。そこで気心の知れた琴奨菊(33)と汗を流すか、同部屋の弟弟子・高安(27)と稽古をするケースがほとんどだ。

 そんな出無精が2日連続で出稽古をやった。前日に九重部屋で関取衆と稽古をし、昨7日は埼玉の追手風部屋へ。幕内大栄翔(23)相手に、15番取って14勝1敗だった。

「(左上腕の)痛みはない。(夏場所まで)まだ1週間あるので、また良くなっていくと思う」

 稽古後の本人はこう言って納得の表情を浮かべたが、本当に左上腕の状態が良ければ、わざわざ稽古のスタンスを変える必要はない。不安を抱えているからこそ“他流試合”で自らを鍛え直すと同時に、状態がいいということをあえて外にアピールする必要があるのではないか。結果としてライバルたちへの無言の圧力につながるからだ。

 8、9日は二所ノ関一門の連合稽古に参加する予定。「できれば上位陣とやりたい」と言うのも、そんな狙いがあるとすれば納得だ。

最終更新:5/8(月) 12:00

日刊ゲンダイDIGITAL