ここから本文です

武井壮が44歳の誕生日に公開生特番、サプライズでサンシャイン池崎が乱入

リアルライブ 5/8(月) 11:51配信

 ラジオ文化放送が6日夜、タレントの武井壮がパーソナリティを務める公開生特番『武井壮のガッとしてビターン!3』を東京・浜松町の文化放送1階サテライトプラススタジオから放送した。

 武井壮が熱くしゃべり倒す『武井壮のガッとして、ビターン』は、過去2015年5月と2016年元日に特番として放送され今回の放送は1年半ぶり、3回目の放送。番組初となる公開生放送となった。

 さらにこの日は武井壮の44歳の誕生日。オープニングは「バースデーイブ」だった前日のエピソードからスタート。「バースデーイブだからウキウキじゃないですか。普通はサプライズ的なものが用意されてたりとかさ。…そんな夜に連載をやっているゴルフ雑誌(『ワッグル』)の副編集長から連絡が来て、『この後行きますか』となったんだけど、これはサプライズかな? と思ったら、まさかのおっさん二人で六本木で焼肉よ。その後11時くらいから、バイク川崎バイク(BKB)からメールがきて『暇ですか』って。『お、これは完全にカウントダウンサプライズか?』と思ったら、来たのはBKBたった一人よ。しかも『プルコギ食べたいんですけど』って。焼肉の後にさらにプルコギ、二人ともおごらされて」。結局サプライズはなく、「ひとりでその後ビリヤードしていつも通り寝たよ」と寂しいバースデーイブを告白。

 さらに公開生放送に集まったファンの中に友人を探すも、「昨日、プライベートなLINEのタイムラインに『暇なやつは観にきてよ、来たら出ちゃってもいいから』って呼びかけたのに、誰も来てくれてないじゃん」。その後、サテライトスタジオ前に集まった約50人のファンの中に、武井壮に会いたい一心で福岡から上京し働き、ようやくこの日に本人に会えたと喜ぶ30歳の女性ファンや、「1回会いたかった」と手作りケーキを持参した39歳の男性パティシエなど熱いファンがいることを知り、武井壮もテンションアップ。また、武井が作詞を手掛けたというアイドルグループ「ときめき・宣伝部」のメンバーから、サプライズで誕生日の生電話も。武井壮・作詞、ヒャダイン・作曲のシングル曲「どどどどどりーまー」(6月7日発売)もOAした。

 番組後半にはお笑い芸人で友人のサンシャイン池崎が、スタジオの外からサプライズで番組に飛び入り、誕生日を祝った。武井も「空前絶後のーぉ、超絶怒涛の百獣の王ー。動物を愛しー、動物に愛された男ー。ムツゴロウー、アニマル浜口ー、松島トモ子ー、すべての動物タレントの生みの親ー!」と即興でサンシャイン武井ネタを披露。二人でさらにテンションの上がったトークを披露し、番組の最後は二人で「またお会いしましょう! イェーイ!!」と締めくくった。

最終更新:5/8(月) 14:51

リアルライブ