ここから本文です

GWのLCC搭乗率、前年やや下回る 航空各社の利用実績

5/8(月) 20:35配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)、スカイマーク(SKY/BC)など航空11社は5月8日、ゴールデンウイーク(4月28日から5月7日まで、10日間)の利用実績を発表した。ロードファクター(座席利用率、L/F)はフルサービス航空会社(FSC)では概ね前年を上回ったが、LCCは前年を下回る会社もあった。

【航空各社のGW利用実績表】

 11社の発表値を合計すると、旅客数は国際線が前年比7.0%増の63万7957人で、国内線は8.5%増の299万428人。提供座席数は国際線が5.1%増の78万5487席で、国内線は2.4%増の387万1784席だった。11社平均のL/Fは国際線が1.4ポイント上昇し81.2%、国内線は4.3ポイント上昇し77.2%となった。

 旅客数を見ると、国際線はJALが微増で、ANAは前年を上回った。LCC各社は2016年に国際線の新規就航が相次ぎ、前年超えが目立った。国内線はFSC、LCCともに、おおむね前年を上回った。

 ピークは各社異なるが、下りは4月29日、上りは5月7日となった。

◆ANA

 ANAの旅客数は国際線が前年比8.2%増の27万1189人で、国内線は8.4%増の138万160人。提供座席数は国際線が6.6%増の35万2044席で、国内線は1.0%増の187万6387席となった。L/Fは国際線が1.1ポイント上昇し77.0%、国内線は5.0ポイント上昇し73.6%だった。

 国際線は、中国線の旅客数が前年を割り込んだものの、そのほかの方面はすべて前年を上回った。特に欧州(22.0%増)とアジア・オセアニア(11.6%増)で好調だった。

 国内線のL/Fは全方面で7割を超え、関西は77.8%で好調だった。旅客数の伸び率は、中・四国(10.2%増)などが目立った。

 期間中のピークは、国際線は下り(日本発)が4月29日(93.5%)と28日(89.6%)、5月3日(88.8%)、上り(日本着)は5月7日(95.0%)と6日(94.4%)、国内線は下りが5月3日(96.2%)、上りが5月7日(96.8%)と6日(95.4%)、3日(90.2%)となった。

◆JAL

 JALグループの旅客数は国際線が0.7%増の24万6757人で、国内線は10.7%増の88万2936人。提供座席数は国際線が0.9%減の29万6283席、国内線は2.2%増の113万2286席となった。L/Fは国際線が1.4ポイント上昇し83.3%、国内線は6.0ポイント上昇し78.0%だった。

 国際線の方面別では、L/Fは韓国線(91.3%)と欧州線(91.0%)が好調で、特に現地発の需要が旺盛だった。旅客数は韓国線(12.6%増)と欧州線(11.8%増)、グアム線(10.9%増)、米大陸線(2.6%)が前年を上回ったものの、それ以外の方面では前年をやや下回った。

 国内線は、東北・北陸方面と沖縄方面のL/Fがともに80.6%で好調。旅客数も中国・四国方面の15.5%増など、すべての方面で前年を上回った。

 期間中のピークは、国際線は下り(日本発)が4月29日(96.9%)と28日(94.9%)、3日(92.5%)、2日(92.0%)、4月30日(91.1%)、上り(日本着)は5月6日(98.3%)と7日(98.2%)、5日(94.8%)、国内線は下りが5月3日(97.8%)と4月29日(90.6%)、上りは5月6日(97.0%)と7日(96.9%)、3日(93.8%)、5日(90.9%)となった。

◆スカイマーク

 スカイマークの旅客数は前年比5.0%増の19万8665人、提供座席数は10.3%増の23万5410席。L/Fは4.2ポイント低下し84.4%だった。

 搭乗日別のL/Fは、下りは5月3日の97.4%、上りは5月6日の98.5%が最も高い値となった。

◆スターフライヤー

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の旅客数は前年比10.6%増の4万8114人、提供座席数は1.9%増の5万7049席。L/Fは6.7ポイント上昇の84.3%となった。搭乗日別のL/Fは、下りは4月29日の92.9%、上りは5月6日の98.5%が最も高い値となった。

◆エア・ドゥ

 エア・ドゥ(ADO/HD)の旅客数は前年比6.5%増の7万1771人、提供座席数は0.8%減の8万5767席。L/Fは5.7ポイント上昇し83.7%となった。搭乗日別のL/Fは、下り(北海道着)が5月3日の99.1%、上り(北海道発)は5月6日の99.6%が最も高い値となった。

◆ソラシドエア

 ソラシドエア(SNJ/6J)の旅客数は前年比11.8%増の6万1283人、提供座席数は5.7%増の7万6629席。L/Fは4.4ポイント上昇し80.0%となった。搭乗日別のL/Fは、下りが5月3日の99.2%、上りは5月6日の99.2%が最も高い値となった。

◆ピーチ・アビエーション

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)の旅客数は国際線が14.5%増の6万273人、国内線が17.1%減の9万1091人。提供座席数は国際線が15.2%増の6万8400席、国内線が16.7%減の9万8640席となった。L/Fは国際線が0.5ポイント低下し88.1%、国内線は0.5ポイント低下し92.3%だった。

 搭乗日別のL/Fは、国際線は下り(関西・那覇・羽田発)が5月3日の95.6%、上り(関西・那覇・羽田着)が5月7日の91.8%が最も高く、国内線は下り(関西・那覇・成田発)が5月3日の95.1%、上り(関西・那覇・成田着)が5月7日の95.3%が最も高い値となった。

◆ジェットスター・ジャパン

 ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は、国際線の旅客数が前年比2.5%減の1万9090人、提供座席数は15.5%減の2万1600席、L/Fは11.8ポイント上昇し88.4%となった。国内線の旅客数は前年比5.5%増の14万7115人、提供座席数は6.0%増の17万4060席、L/Fは0.4ポイント低下し84.5%だった。

 搭乗日別のL/Fは、国際線は下り(日本発)が4月29日の96.8%、上り(日本着)が5月7日の95.3%が最も高く、国内線は下りが5月3日の90.5%、上りは5月6日の92.6%が最も高い値となった。

◆バニラエア

 バニラエア(VNL/JW)の旅客数は国際線が前年比41.0%増の3万4132人、国内線が73.1%増の4万8503人、提供座席数は国際線が37.5%増の3万9600席、国内線が79.5%増の5万6880席。L/Fは国際線が2.2ポイント上昇し86.2%、国内線が3.1ポイント低下し85.3%だった。

 バニラエアは、2016年に国内・国際線ともに新規就航が相次ぎ、前年を大きく上回った。

 搭乗日別のL/Fは、国際線は下りが5月3日の96.0%、上りは5月6日の95.3%が最も高く、国内線は下りが5月3日の96.1%、上りは5月6日の94.2%が最も高い値となった。

◆春秋航空日本

 春秋航空日本(SJO/IJ)の旅客数は国際線が64.4%増の6516人、提供座席数が81.8%増の7560席、L/Fは9.2ポイント低下し86.1%となった。国内線は4.1%増の1万6547人、提供座席数が20.4%増の2万2680席、L/Fは11.5ポイント低下し72.9%だった。

 搭乗日別のL/Fは、国内線は下りが5月4日の66.1%、上りは5月2日の98.1%が最も高い。国際線は下り(日本発)が5月3日の97.9%、上り(日本着)は4月28日の94.2%が最も高い値となった。

◆FDA

 フジドリームエアラインズ(FDA/JH)の旅客数は、前年比16.5%増の4万4243人、提供座席数は5.5%増の5万5996席。L/Fは7.4ポイント上昇し79.0%となった。

Yusuke KOHASE

最終更新:5/9(火) 10:42
Aviation Wire