ここから本文です

中野に人気「まかない飯」集結 地元讃岐うどん店も選出、おのののかさんら来場も /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/8(月) 8:02配信

 中野四季の森公園(中野区中野4)北側拡張地の特設会場で5月25日~28日、野外グルメフェス「an まかないフェス2017」が開催される。主催はアルバイト求人情報サービスを手掛けるインテリジェンス(千代田区)。(中野経済新聞)

(関連フォト)中野の讃岐うどん人気店「花は咲く」は「黒毛和牛 極上の肉うどん」を提供

 特に飲食店のアルバイトに欠かせないといわれる「その店で働く人だけの特権=まかない飯」にスポットを当てた同イベント。同地での開催は2回目。昨年は11月10日から4日間開かれ、約6万4000人が来場した。今回は5月12日から大阪で、19日から名古屋でも開かれる。

 グルメエンターテイナー・フォーリンデブはっしーさんが応援団長を務め、もえのあずきさん・はあちゅうさんをはじめとする「食べ歩きの達人」たちが集まるグルメユニット「食べあるキング」のメンバーとともに「まかない飯」提供店をセレクトし交渉。「あの人気店の『まかない飯』を食べ尽くせ」を合言葉に、今回15店舗の人気店が「まかない飯」をワンコイン(500円、税込)で提供する。

 参加店とメニューは「肉山」=「肉山のまかない29カレー」、「郭 政良 味仙」=「味仙まかない丼」、「ダルマット」=「甲州健美鶏のイタリアンまぜそば」、「西麻布けんしろう」=「必殺!低温調理サガリステーキ」、「Pizzeria e trattoria da GIORGIO」=「パノッツォ」、「生粋」=「かき氷 しろくま」、「オー・ギャマン・ド・トキオ」=「ソース焼きそば ミートカレー」、「格之進」=「格之進メンチのレタスバーガー」、「気むずかし屋」=「信州名物 山賊焼き」、「とらふぐ亭」=「スパイス香る極上ふぐから揚げ」、「希須林」=「●肉飯(ルーローハン、●=魚の下に日)」、「SABAR(サバー)」=「サバンドイッチ」、「立川マシマシ」=「マシライス」、「らーめん五ノ神精肉店(ごのかみせいにくてん)」=「五ノ神精肉店の肉汁和(あ)え麺」の14店舗ほか、中野の讃岐うどん人気店「花は咲く」(中央4、TEL 03-6454-1546)が「黒毛和牛 極上の肉うどん」を提供する。

 「花は咲く」の店主・相方芳彦さんは「いつもスタッフに日頃の感謝の気持ちを込めてまかないを作っているので、イベントといえども同じ気持ちで作るよう心掛ける。飲食店はお客さんをその場で元気に、そして幸せにできる素晴らしい仕事。『花は咲く』を通してお客さんを、スタッフを、日本をも元気にできたら」と意気込む。

 開催期間中にステージに登場するゲストも発表され、「食べあるキング」のメンバーのほか、おのののかさん、やついいちろうさん、松嶋初音さん、春名風花さん、近藤あやさん、小貫智恵さん、瀬口かなさん、繭(まゆ)さん、笹森裕貴さん、大崎捺希さん、宮澤佑さんが決定している。

 開催時間は11時~21時(最終日は20時まで)。雨天決行、荒天中止。ステージイベントのタイムスケジュールなど、詳しくは特設サイトで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/8(月) 8:02

みんなの経済新聞ネットワーク