ここから本文です

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編タイトル、「生きる、死ぬ、繰り返す、そして繰り返す」に

5/8(月) 11:17配信

シネマトゥデイ

 トム・クルーズ主演映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の続編タイトルは『リブ・ダイ・リピート・アンド・リピート(原題) / Live Die Repeat and Repeat』(訳:生きる、死ぬ、繰り返す、そして繰り返す)になると、ダグ・ライマン監督がColliderに明かした。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』フォトギャラリー

 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、作家・桜坂洋のライトノベルを基にしたSFアクション。謎の侵略者からの攻撃で滅亡寸前の地球を舞台に、同じ日を無限に繰り返す“時のループ”に巻き込まれた兵士ケイジ(トム)の運命を描いた。アメリカでのタイトルはもともと原作と同じ「All You Need Is Kill」を予定していたものの、劇場公開時には「Edge of Tomorrow」に変更。さらにDVD発売時には「Live Die Repeat」に変更されており、今回の続編は前作の最終的なタイトルを踏襲したものになった。

 かつて「続編であり前日譚なんだ」と本作について語っていたライマン監督は、あらためて「すごいストーリーなんだ! 素晴らしいよ! 第1作のことはもちろん気に入っているけど、それよりずっとよいものになっている。『リブ・ダイ・リピート・アンド・リピート(原題)』というタイトルなんだ」と興奮気味にコメント。「トムも、エミリー・ブラントも興奮している」とヒロイン・リタ役を務めたエミリーも続投するといい、「問題は“いつやるか”ということだよ。“やるかどうか”ではなく、“いつやるか”だよ」とスケジュールの調整だけがネックとなっていると明かした。

 現在トムは『ミッション:インポッシブル』第6弾の撮影中で、エミリーはミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の約半世紀ぶりとなる続編『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題) / Mary Poppins Returns』の撮影中。ライマン監督自身も、DCコミックスのダークヒーローが集結する『ジャスティス・リーグ・ダーク(原題) / Justice League Dark』など多数の企画を抱えている。(編集部・市川遥)

最終更新:5/8(月) 11:17
シネマトゥデイ