ここから本文です

<東京ディズニーシー>「タートル・トーク」がリニューアル ジンベエザメのディスティニーなど新キャラ登場!

5/8(月) 15:02配信

まんたんウェブ

 東京ディズニーシー(TDS、千葉県浦安市)の人気アトラクション「タートル・トーク」が12日のリニューアルオープンに先駆けて8日、関係者や報道陣にお披露目された。ジンベエザメのディスティニーやタコのハンクなど、「ファインディング・ドリー」のキャラクターが新たに登場する。

【写真特集】こんなキャラまで? リニューアルした「タートル・トーク」の内容は…

 「タートル・トーク」は2009年10月にオープン。豪華客船S.S.コロンビア号内の海底展望室で、ディズニー/ピクサーのアニメーション「ファインディング・ニモ」に登場する陽気なウミガメのクラッシュと会話ができるシアター(劇場)タイプのアトラクション。今回はオープン以来初のリニューアルで、ナンヨウハギのドリーとクラッシュの息子のスクワートとのかくれんぼや、ニモの父・マーリンとスクワートの兄弟たちの掛け合いに参加したり、ジンベエザメのディスティニーやタコのハンクたちが話しかけてきたりと、さまざまな会話が楽しめる。

 自分のことや家族のことをカメ目線で話す、マイペースで陽気なクラッシュの会話はリニューアル後もそのまま。うっかりすると見逃しそうなハンクの登場の仕方やディスティニーの“本場”クジラ語レッスン、別作品とのコラボまで、これまで以上に予想外の会話が飛び出す。

 TDSでは12日にオープンする新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」も報道陣にお披露目された。

最終更新:5/8(月) 17:37
まんたんウェブ