ここから本文です

中国、通貨安競争を行う意図も必要もない=外為管理局局長

ロイター 5/8(月) 7:31配信

[北京 7日 ロイター] - 中国国家外為管理局(SAFE)の潘功勝局長は、同国には通貨安競争を行う意図も必要もないとの見解を示した。

現地経済誌「当代金融家」への寄稿で潘局長は、中国人民銀行(中央銀行)による市場への流動性供給は為替レートの過度な変動と「群衆効果」を抑制し、市場の安定性を維持することが目的だと説明。「中国には通貨切り下げにより競争力を強化する意図はない。そういった希望はないし、必要もない」と述べた。

同局長は、人民銀副総裁を兼務している。

最終更新:5/8(月) 7:34

ロイター