ここから本文です

北山たけし 師匠・北島は絶好調キタサンブラックに夢中「僕も頑張る」

5/8(月) 15:03配信

東スポWeb

 北島ファミリーの演歌歌手・北山たけし(43)が8日、都内で新曲「霧笛の酒場」CD購入者プレミアムイベントを行い、3000人の応募者から選ばれた100人の観客を前に9曲を熱唱した。

「霧笛の酒場」は演歌チャートで軒並み1位を記録したほか、第一興商の歌唱数ランキングでも1位を記録するなど、順調にヒットを続けている。新曲のテーマに合わせて、酒屋をイメージした衣装で登場した北山は、鏡割りを行いファンにたる酒を振る舞った。

 そして「以前、徳光和夫さん(76)に勧めていただいたムード歌謡に初挑戦したところ、例年になく調子がいい。今度、徳光さんにお会いしたら、ぜひお礼を言いたい。来年がデビュー15周年なので、今年は土台作りをしっかりしたい」と曲にまつわるエピソードを語った。

 師匠・北島三郎(80)が所有するキタサンブラックは、4月に大阪杯、天皇賞・春とGIを連勝。北山は「最近、キタサンブラックばかりが脚光を浴びて、師匠の目もそちらにばかりいっている。たまには歌のほうも気にしていただきたいなと思う」とアピールした。

 キタサンブラックが事務所の“稼ぎ頭”であることは理解し、自身も競馬場に足を運ぶなど応援している。だが、北島ファミリーを代表する歌手としての意地もあり「僕も負けないように頑張る」と宣言。さらなるヒットで愛馬に夢中の師匠を振り向かせることができるか?

最終更新:5/8(月) 15:06
東スポWeb