ここから本文です

中村 中、舞台劇中歌を収録したミニ・アルバム『ベター・ハーフ』をリリース

5/8(月) 17:11配信

CDジャーナル

中村 中、舞台劇中歌を収録したミニ・アルバム『ベター・ハーフ』をリリース

中村 中、舞台劇中歌を収録したミニ・アルバム『ベター・ハーフ』をリリース

 6月より再演がスタートする舞台〈ベター・ハーフ〉(作・演出: 鴻上尚史)から、キャストのひとりでもある中村 中が歌った劇中歌を収録するアルバム『ベター・ハーフ』が6月21日(水)に発売。本作ではサウンドプロデュースを根岸孝旨が務め、森田童子「たとえばぼくが死んだら」、サルヴァトール・アダモ「サン・トワ・マミー」といったカヴァー曲や、中村のオリジナル曲「愛されたい」など全5曲を収録。

 中村は、5月20日(土)に東京国際フォーラムで行うデビュー10周年企画公演〈10TH ANNIVERSARY SHOW 天晴れ!我は天邪鬼なり〉に続き、8月から9月にかけて全国7ヵ所を巡るライヴ・ツアー〈ピアノセッション 十の指2017~かたわれを求めて~〉を開催。自身はヴォーカルとピアノを担当し、石田 純(b)、平里修一(dr)とのトリオ編成でステージに臨みます。チケット先行販売は、オフィシャル・サイト「中屋」にて5月15日(月)12:00より受付。

最終更新:5/8(月) 17:11
CDジャーナル