ここから本文です

“ダービー出走馬”となったコムアイの馬体検査も!?水曜日のカンパネラ、夜の競馬場に忍び込んで配信限定生ライブを実施

M-ON!Press(エムオンプレス) 5/8(月) 14:55配信

水曜日のカンパネラが、5月10日、21時より、東京競馬場から史上初となる配信限定の生ライブを行うことが明らかとなった。

【詳細】「バク」MVはこちら

これは、5月28日に東京競馬場で行われる第84回日本ダービー(GI)と水曜日のカンパネラがコラボレーションしたプロジェクト『東京遊駿』のひとつ。

東京ドーム約13個分の敷地面積(622,635平方メートル)、来場者数約15万人を集客する東京競馬場で、観客を入れず、水曜日のカンパネラの公式Facebook、Twitter、YouTubeという3つのSNSから同時中継される、一夜限りのインターネット配信限定ライブとして、東京競馬場初の試みとして実施される。

本ライブ映像は開催後、24時間限定で特設サイトにてアーカイブ視聴することが可能となり、以降は一切見ることのできないスペシャルライブとなる。

今回のスペシャルライブは、水曜日のカンパネラが実際に競馬場に訪れた際、想像を超える壮大なスケール、馬の躍動感に魅せられた感覚をそのまま味わってほしいという思いから、日本ダービーとのコラボレーションが実現したもの。

コムアイは「ダービー出走馬」として馬運車から登場し、レース前の馬体検査やレース会場へと向かう様子をサーモグラフィーカメラやダンサーが登場するなど、様々な仕掛けの中、30分のライブを表現していく。

ライブ監督はlyrical schoolの縦型ミュージックビデオ「RUN and RUN」などを手がけた隈本遼平、篠崎 愛の“世界初の通話連動型ミュージックビデオ”を手がけた野澤直龍らが全体のクリエイティブディレクターとして参加し、ライブ衣装はPerfumeやYUKI、CHARAなどのミュージックビデオ衣装を手がけたToshio Takedaがコーディネート。数々の話題を作りだしてきた著名クリエイター参加する。

水曜日のカンパネラがどのような表現で夜の競馬場を彩っていくのか、史上初の試みとして行われるプレミアムライブをお見逃しなく。

配信情報
『一夜限りの生ライブ「東京遊駿」TIME TO PLAY』
05/10(水)21:00~21:30
出演者:水曜日のカンパネラ
視聴方法:Facebook Live / Twitter / YouTube

リリース情報
2017.02.08 ON SALE
ALBUM『SUPERMAN』

東京遊駿『TIME TO PLAY』SPECAIL LIVE@東京競馬場
https://youtu.be/cbSCE9pN0wk

『東京遊駿』特設サイト
http://umabi.jp/tokyo-yushun/

水曜日のカンパネラ OFFICIAL WEBSITE
http://www.wed-camp.com/

最終更新:5/8(月) 14:55

M-ON!Press(エムオンプレス)