ここから本文です

ヤクルト・雄平活躍の裏に真中監督との“個人ミーティング”

5/8(月) 16:45配信

東スポWeb

<ヤクルト12-5DeNA(7日)>ヤクルトの雄平外野手(32)が7日のDeNA戦(横浜)で6打数4安打4打点の大活躍。放った安打すべてが二塁打で、1試合4二塁打のプロ野球最多記録に並んだ。

 雄平は「本当にうれしいです。最後の二塁打? 狙ってないです。いつも打てると思って打席に入ってないですから」と控えめに喜んだ。チーム打率はリーグワーストの2割3分9厘。その中でスタメン唯一の打率3割超と奮闘している。

 そんな雄平は練習で大事にしている時間がある。真中満監督(46)との“個人ミーティング”だ。日々の試合で感じた疑問点を聞くことにしている。「技術的なこともそうですし、精神的なことも聞いたりします」と明かす。

 時に10分以上に及ぶこともあり、試合に「モヤモヤしていない状態」(雄平)で向かえるという。「監督にはファームの時から(打撃コーチで)見てもらっていますし、そのアドバイスを生かせています」

 この日は前日の試合で左投手との対戦で感じた疑問をぶつけたところ、指揮官は具体的な対策を伝授してくれたという。「今は打てる、打てないよりも、スッキリした状態で試合に入れるようにしている」と語る雄平。自身の活躍でチームを上位に引き上げる。

最終更新:5/8(月) 16:45
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 18:45