ここから本文です

BitStarと360Channelが連携、360度VR動画を活用した新プロモーションを実施

アスキー 5/8(月) 17:00配信

Bizcastと360Channelが連携、360度動画によりYouTuberがより身近に感じられるプロモーションを実施。
 YouTuberと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」を運営するBizcastは、360度VR動画専用配信サービス「360Channnel」を運営する360Channelと連携し、新たなYouTuberプロモーションの提供を開始すると発表した。
 

 今回の連携の背景には、AR/VR市場の拡大がある。2025年にはAR/VR市場はおよそ950億ドルまで拡大し、PC・スマートフォンに続く第3のプラットフォームとして市場を形成するとの予測が、Goldman Sachs Asset Managementから出ている。
 
 そこで、360度VR動画に関する知見・実績と独自の動画配信サービスを持つ360Channelと、キャスティングや企画立案、実行・効果計測まで一貫して広告主をサポートするBitStarの両社が組み、360度VR動画を活用した新たなYouTuberプロモーションを実施することとなった。
 
 この取り組みで、影響力のあるYouTuberのチャンネル内で360度VR動画を配信し、視聴者を起点にコンテンツを拡散。360Channel上でもコンテンツ配信をして、VR端末での視聴もできる。
 
 生活者と身近な関係性にあるYouTuberと、没入感のある360度VR動画を組み合わせることで、通常動画と比較して、より身近にYouTuberと接する機会を創出し、間接的な商品・サービス体験を提供、商品・サービスの認知拡大から理解促進に貢献するといったものだ。
 
 本取り組みは、すでにバンク・オブ・イノベーション(BOI)提供の、同社スマホゲーム「幻獣契約クリプトラクト」にて認知拡大のために活用した事例がある。
 
 この事例では、若年層に支持され、現在はSNSを活躍の拠点とするタレントであり、生活者に寄り添った情報発信が可能なYouTuber(CHてんちむ)を起用。
 
 視聴者は、てんちむの部屋を360度見回しながら、どこかに隠された「幻獣契約クリプトラクト」のフレンドIDを見つけると、てんちむにフレンド申請ができるという内容だ。
 
 今後BisStarは、メディアとインフルエンサーの特性を活かした効果的なプロモーションを提供していくとのことだ。
 
 
文● たかヰトモき/Mogura VR

最終更新:5/8(月) 17:00

アスキー