ここから本文です

昨年400億円超の赤字を出したFIFA、カタール航空とスポンサー契約

5/8(月) 11:53配信

ISM

 現地時間7日、FIFA(国際サッカー連盟)と『カタール航空』が、カタールW杯が開催される2022年までのスポンサー契約を結んだ。

 『カタール航空』は、2014年ブラジルW杯後に撤退した『エミレーツ航空』に代わるスポンサーとなる。

 一連の汚職事件に揺れたFIFAは、訴訟費用がかさみ、スポンサー離れが起きたことで2016年に3億6900万ドル(約416億1000万円)の損失をを出したことを発表していた。(STATS-AP)

最終更新:5/8(月) 11:53
ISM