ここから本文です

「グラブル」「とうらぶ」など通信し放題 ゲーマー向けMVNO登場

5/8(月) 11:07配信

ITmedia NEWS

 「グランブルーファンタジー」や「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」など、スマートフォン向け人気ゲームの通信量を「カウントフリー」にできるMVNOサービス「LinkesMate」が7月1日にスタートする。

【通信フリー対象は、「グラブル」の他にも多数】

 LinkesMateは、「グランブルーファンタジー」のプロデューサーとして知られる春田康一氏が代表を務めるベンチャー企業・LogicLinksが展開する「ゲームプレイヤーのための」データ通信サービス。

 基本料金は、データ専用SIM・月間通信量5GBで月額1500円、10GBで2500円など。プラス600円で音声通話も利用できる(通話料別途)。

 「カウントフリーオプション」(月額500円)に申し込めば、対象のゲームなどのデータ通信量の90%以上をカウントしない。一部、コンテンツやゲームのアップデートにより通信量がカウントされる場合もあるという。

 カウントフリーオプション対象ゲームは、「グランブルーファンタジー」「剣と魔法のログレス いにしえの女神」「三国ブレイズ」「実況パワフルサッカー」「Shadowverse」「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」「みんゴル」など。さらに、「AbemaTV」「AWA」「Facebook」「Twitter」「App Store」「Google Play」もカウントフリーになる。

最終更新:5/8(月) 11:07
ITmedia NEWS