ここから本文です

Jリーグ、“くせえんだよ問題”で小笠原40分、森脇90分聴取

スポーツ報知 5/8(月) 6:05配信

 Jリーグは7日、浦和DF森脇良太(31)が鹿島選手に侮辱的な発言をしたとされる問題に関して都内で規律委員会を開き、森脇と鹿島MF小笠原満男(38)から聞き取り調査を行った。関係者によると試合映像を使いながら尋問する形で進められ、先に小笠原から約40分、次に森脇から約90分の時間をかけて聴取を行った。今後は同委員会で調査協議し、処分の有無を判断していく。

【写真】神妙な表情で騒動に対して謝罪する浦和DF森脇良太

 小笠原は4日の浦和―鹿島戦(埼玉)の後半33分、森脇が鹿島MFレオ・シルバ(31)に「くせえんだよ」と人種差別とも受け取れる発言をしたと主張。森脇は小笠原への発言で侮辱する意図もなかったと説明し、言い分が食い違っていた。2人はクラブ関係者とともに会場に入り、報道陣への対応はなかった。

最終更新:5/8(月) 10:30

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合